TOP > きゃりママチャンネル

2016年9月28日

10月から「106万円の壁」!?扶養の範囲内で働いている人は要チェック!!  ― 上― (気になるキーワード)

投稿者
キラきゃりママ編集部 キラキャリママヘンシュウブ [Editorial department of Kira-caree Mama]
働くママとプレママのためのポータルサイト『キラきゃりママ』の編集部です。
「働くママのリアルを、みんなの知恵で支える」をテーマに子育て、仕事/キャリア、
プライベートなどの切り口から働くママ&プレママに役立つ知恵や情報を発信。
また、働くママ&プレママはもちろんのこと、各種専門家、企業、教育機関、
国や自治体などとの連携で働くママ&プレママが自らのベストワークライフバランスを
見つけることができるよう、サポートしています。

パートや派遣などで、夫の「扶養の範囲」内で働いている女性にとって
とても重要な制度の改変が、10月に行われます。
「扶養の範囲」内で働く……それは、自分自身の所得税がかからず、
夫の所得税も「配偶者控除」が受けられる範囲である「103万円の壁」や、
社会保険料がかからない「130万円の壁」といった「壁」を超えないように
調整しながら働いている人は、たくさんいますよね。
そうした家庭のお財布に大きな影響があるのが、10月に新たに登場する「106万円の壁」なんです。
特に「130万円の壁」を意識してきた人は、この新しい壁にぶつかる可能性大!
今後も続けて「扶養」内で働いていくのか、これを機に「扶養」を外れるのか、
働き方を考え直してみましょう。

◆「106万円の壁」とは?
10月に、パートなど短時間で働く人の社会保険の加入要件が広げられます。
これまでは、年収130万円未満なら夫の社会保険の被扶養者となることができましたね。
扶養に入れば、自分で国民年金や健康保険などの保険料を負担する必要はなかったのです。
ですがこれからは、一定の条件☆に合えば、月収が8万8000円を超えると、
自ら健康保険や厚生年金に加入し、保険料を支払うことになります。

→☆「一定の条件」というのは、次の5点。
①労働時間が週20時間以上
②従業員501人以上の企業
③契約上の月収が8万8000円以上
(年収に換算して106万円なので、「106万円の壁」とネーミングされている由来。
しかし制度上は、年収ではなく月収8万8000円が条件となっています)
④勤務期間が1年以上
⑤学生でない
――これらをすべて満たすと、対象になります。

パートタイムで働く人の多くは、厚生年金に入ることができず、老後に基礎年金(満額で月約6万5000円)
しか受け取ることができませんでした。
社会保険料の負担義務が出るという言い方で、「130万円の壁」が「106万円」に壁が低くなる
という印象を持たれがちですが、国の側としては、社会保険に入る人を増やし、
これまでは社会保険に入れなかった短時間労働者の老後の貧困を防ぐ、
社会的なセーフティネットを広げるという目的があります。

……とはいえ、「130万円の壁」が大きな壁としてとらえられてきたように、
社会保険料を納めるというのは、負担感が少なくないもの。
特に年収が「壁」を少し上回るくらいだという人の中には、税金や保険料を引くと、
「扶養の範囲」に抑えて働いた場合よりも、手取りの収入が少なくなってしまうという現象がおきてしまうんですよね。
この「壁」が「130万円」から「106万円」に低くなることによって、どのような影響が考えられるでしょうか。

―下―につづく。。。
http://kiracareemama.com/2016/09/28/15222

関連URL
10月から「106万円の壁」!?扶養の範囲内で働いている人は要チェック!!  ― 下― (気になるキーワード)
http://kiracareemama.com/2016/09/28/15222